伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(429)
(405)
(271)
(239)
(206)
(199)
(178)
(162)
(140)
(129)
(117)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(91)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
タイトルどおりだけどやっぱり死にすぎ「ディパーテッド」
もう、アカデミー賞受賞前にみるぞと決めてみたのが、

 ディパーテッド

マーティン・スコセッシさて、今回は。。。

【ストーリー】
 貧困と犯罪が渦巻く、ボストン南部で生まれ育った2人の男。犯罪者一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志すビリー。マフィアのボス・コステロに育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指すコリン。2人は互いの存在を知らぬまま同じ警察学校で学び、それぞれ優秀な成績で卒業。コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ。一方、ビリーに命じられたのは、マフィアへの極秘潜入捜査だった…。

goo映画」より引用

trackback from
   「ディパーテッド」リベンジなるか?? by シネマ親父の“日々是妄言”
   ディパーテッド by よかった探し
   そしてthe departed by +nice+

相変わらず、ネタバレ気にせずあげちゃいます。なので、下まで、ずーっと見ないでください。

時系列に関係なく、方々trackback することをご容赦ください。





【解説】
02年の香港映画『インファナル・アフェア』をM・スコセッシがリメイク。オリジナル版よりも、主役2人を囲む登場人物を個性的に、厚く描き込んだ脚本は、まるでシェイクスピア悲劇のような味わい深さ。主演は、ここ数年スコセッシとタッグを組んできたレオナルド・ディカプリオ。知性と野性味、繊細さと強靱さの両面を持つ複雑な男・ビリーの苦悩を、まなざし一つで演じ、全米で絶賛された。対するコリンを演じるのは、こちらも演技派の呼び声高いマット・デイモン。明晰な頭脳だけを頼りに薄氷の上を歩くコリンを、スリリングに演じた。そして、マフィアのボスを演じたジャック・ニコルソンの存在感!恐るべき怪優が、スクリーンに戻ってきた。


goo映画タイトルトップ)」より引用。

【感想】
 『インファナル・アフェア』をどう味付けするんだろう。やっぱり、マフィアがっていう予想だったのです(というか前情報はありました)が、舞台はボストン、対象はアイリッシュ・マフィア。
”ネズミ”を双方が入れているという点は1作目、オチは3作目のテイストって以外は、違うので、どっちが好きっていう好みはあるでしょうね。


予習していかなかったので、『インファナル・アフェア』との比較はあまりできないのですが、単純にこの映画を『インファナル・アフェア』をモティーフに製作したと考えてみた場合、確かにアメリカではウケる内容ですね。
アメリカ国内の事情から、アイリッシュに的を絞った点や、ポイントをネズミとそれを操る側、そして、彼らを結果的に支える精神科医(女医)というところまでフォーカスを広げていった点でこの物語は、広がりを見せているとも感じました。


ディテールを考えると携帯で情報を送るのはわかるのですが、こんなシーンで携帯で送れるのだろうか?というところや、携帯の番号を簡単に残している点など、ちょっと脇が甘いような気がしますが、それが、またスリルあるぅって思ったのは日本人だからかな。
でも、ビリーは、人を殺してないんですよね、最後まで。
そこに、彼が警察官を目指した理由がわかるし、そこがかつての映画なら成功者になるところ、それもかなわないところが、いたたまれないのです。そここそが、この社会の行き詰まりを示しているのかもしれない。
マーティン・スコセッシの面目躍如でしょうか。


今回、mori2 さんもそうだったらしいですが、「ギャング・オブ・ニューヨーク」でも「アビエイター」でもうつらうつらした私でも寝なかったのは成長かと(違)。
とはいいつつ、やっぱり出演者を消しちゃうのはどうかとも思いますね。
今回も主だった7人(8人というかな)の内、残ったのは2人。それもそのまんまは1人ですよね。これは、ちょっと痛い。
この映画の救いは、マドリンが子供を宿したことなのかもしれないが、それが、どっちの子か。
どっちかというと、自らをのし上げようとしたコリンと自ら過去のことを切り新しく生きようとしたビリー。やっぱり後者をっておもいますよね。
終盤のシーンから考えるとビリーの子なのかなぁ。
町山さんは、そうパンフレットでコメントしてましたが。

でも、なぜか、脇を固めてレオ様(今回はマットくんも)を目立たせようとしてもやっぱり脇がいいのですよ。
そのつくりかたってやっぱり製作時のコンセプトで欲張りすぎるからかな。

【私の採点】

  ★★★★
     (満点10点 ★:2点。☆:1点)

イタリア系アメリカンものが得意なマーティン・スコセッシにアイリッシュという枠で作らせた点で思い入れ少なかったのかな。2時間30分は長く感じませんでした。
その点で、見よい内容の”娯楽”映画に仕上がった感じがしますね。
でも、リメイクものっていう点は、割り引かれるような気がしますね。
製作はブラピも参加。あ、ブラピもでてほしかったな、ちょっとでも。。。

この映画もやっぱりなんですが、脇がいいですね。
最初は、これ、コステロの映画かと思っちゃいますが、それくらい、ニコルソンは大きい(笑)。
マーク・ウォールバーグもいいのですが、マーティン・シーンとディカプリオが脇を固めたせいか、よく思っちゃいますね。
でも、彼とマーティン・スコセッシはオスカーに近いですね、この映画では。
主役?の2人は、やっぱりそれぞれのキャラどまりなんですよ。
その点が、もう少しかな。

あ、お約束の女性評。マドリンさんについて。
まあ、タイプなのでそうなのかもしれませんが、色っぽすぎます。
あんな下着着てるんですか(笑)。
そんな女医さんいたら、私(汗)。
っていうか、あっちでは当たり前か。


【製作メモ】 from All Cinema ONLINE
原  題  THE DEPARTED
上映時間  152分
製 作 国 2006年 アメリカ(ワーナー・ブラザーズ)
公開情報  ワーナー
初公開年月 2007/01/20 (R-15)
ジャンル  サスペンス/ドラマ/犯罪

《公開時コピー》
男は、死ぬまで正体を明かせない


監  督: マーティン・スコセッシ
製  作: マーティン・スコセッシ
      ブラッド・ピット
      ブラッド・グレイ
      グレアム・キング
製作総指揮:G・マック・ブラウン
      ダグ・デイヴィソン
      クリスティン・ホーン
      ロイ・リー
      ジャンニ・ヌナリ
脚  本: ウィリアム・モナハン
オリジナル脚本:
      アラン・マック
      フェリックス・チョン
撮  影: ミヒャエル・バルハウス
プロダクションデザイン:
      クリスティ・ズィー
衣装デザイン:
      サンディ・パウエル
編  集: セルマ・スクーンメイカー
音  楽: ハワード・ショア
 
出  演: レオナルド・ディカプリオ  ビリー・コスティガン
      マット・デイモン      コリン・サリバン
      ジャック・ニコルソン    フランク・コステロ
      マーク・ウォールバーグ   ディグナム
      マーティン・シーン     クイーナン
      レイ・ウィンストン     ミスター・フレンチ
      ヴェラ・ファーミガ     マドリン
      アレック・ボールドウィン  エラービー
      アンソニー・アンダーソン  ブラウン
      ケヴィン・コリガン
      ジェームズ・バッジ・デール
      デヴィッド・パトリック・オハラ
      マーク・ロルストン
      ロバート・ウォールバーグ
      クリステン・ダルトン
      J・C・マッケンジー


[PR]
by panchan1121 | 2007-02-12 21:29 | Movie | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://panchan.exblog.jp/tb/5112054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2007-02-14 12:19
タイトル : 「ディパーテッド」リベンジなるか??
 香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク。いろんな意味でレオ&スコのリベンジなるか?ってのが話題の映画「ディパーテッド」(ワーナー・ブラザース)。アメリカでは、結構評判もよく、興行的にも成功らしいのですが、果たして?  ボストンの犯罪地区サウシーで育ったコリン(マット・デイモン)は、アイリッシュ・ギャングのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)に気に入られ、彼の経済的援助を受けて警察学校へ入学。やがて優秀な成績で卒業したコリンは州警察へと進み、エラービー(アレック・ボールドウィ...... more
Commented by colortail at 2007-02-13 13:03
トラバ有難うです^^
スリリングで、見飽きずに最後まで行きました。あ、前半ちょっとだけまったりしてましたが、
中盤からどんどん展開があって。
ただ、やっぱりつめが甘いような部分はどうしてもありましたよね。
署内でさくさく「父さん、」って電話しだすし。。携帯で連絡したり、、
彼女が彼の嘘を知っても、なんだか「ぷんぷん!」で終わっちゃってるし、、
ジャックニコルソンは凄いなぁ。。。顔オチくらいインパクトありますね。
そして最後、びっくりするくらい死にオチでしたよね(笑
ディカプリオ、報われないよーーー(涙
Commented by panchan1121 at 2007-02-14 06:34
☆ からーさん。
結構、見てしまいましたって二時間半でしたね。
やっぱりあの携帯電話は、ちょっと変だよって思いました。
Commented by mori2fm at 2007-02-14 12:22
ども、TB返しです。
確かに、『そんなに死なんでも…』ってツッこんじゃいましたね。
メインキャスト、ほぼ壊滅でしたから。
あ、前作と前々作の途中で夢を見たのは、吾輩だけでは
なかったのですね!いや~、よかった!!(^^;
Commented by panchan1121 at 2007-02-15 06:42
☆ mori2 さん。
こちらこそ、ありがとうございます。
最後は、えっ、やっぱりやっちゃったぁ(苦笑)って感じです。
あ、結構意識が遠くなるんですよ(爆)。
Commented by nice68 at 2007-02-20 08:46
無間道の1~3を全部一作でやっちゃったので最後「死」攻撃になっちゃったんですが、それが香港映画です。
「男たちの挽歌」をみて「パルプフィクション」や「レザボアドッグス」が出来たんですよー。ありえねーーーってくらいのガン打ち、それでも死なない、でもヒーローが打つと命中、即死、笑。
最後のねずみちゃんはどう思います。苦笑しちゃいました私。
Commented by panchan1121 at 2007-02-21 06:08
☆ nice さん。
文化の違いですかね。ちょっと違和感ありでした。
最後のシーンですか?
私は、ちょっと安直だとは思ったんですよ。
<< ネタかと思った。 そのとき、ぱんちゃん。は >>