伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(447)
(423)
(271)
(239)
(206)
(199)
(178)
(162)
(140)
(133)
(129)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(91)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
悪いがこれでは泣けなかった。「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
今日は、「母の日」。
映画館の前でもしきりに呼び込みをしていた、

 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

はい、正直狙ってました。

【ストーリー】
a0022038_113154.jpg 1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。オカンは女手ひとつでボクを育てた。オカンの作る美味しいご飯を食べて、ボクは成長した。15歳になって、ボクはこの町を出て行きたくなった。大分の美術高校に入学し、東京の美大をなんとか卒業するが、仕事もせずに、仕送りしてもらい、更に借金を重ねていた。そんな中、オカンが癌に侵されていることが分かった。

goo映画」より引用

参考サイト
  excite映画該当ページ

trackback from
  「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」確かに泣けたけど…。
          by シネマ親父の“日々是妄言”
  共感 by 明日、晴れるといいな
  「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 by ありふれた毎日
  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン by nest nest
  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン by よかった探し

 
相変わらず、ネタバレ気にせず記事をあげちゃいます。なので、下まで、ずーっと見ないでください。

時系列に関係なく、方々trackback することをご容赦ください。





【解説】
a0022038_153844.jpg ベストセラー小説でTVドラマにもなった「東京タワー」が映画に。原作は、リリー・フランキーの自叙伝的な作品だが、映画では主人公<ボク>を、リリー・フランキーなんだろうなぁと思わせてはいるが、そうと設定せず、あなたの物語としている。<オカン>に、苦労かけていると分かってはいても、ダメな自分を変えられない<ボク>に<オトン>。それは、誰もが若い頃の自分に思い当たることではないだろうか。ドラマチックなようでありながら、ありふれた物語が詩情あふれるナレーションを挟みながら展開される。オダギリジョーのいい意味で力の抜けた絶妙な存在感がいい。樹木希林演じる、強くて愛情深いオカンは、生涯記憶に残るだろう。


goo映画タイトルトップ)」より引用。

【感想】
a0022038_292930.jpg もう、ここまでくれば、リリーさん、かなり儲けましたね、えへへ。って言いたくなるくらいの露出。
それでも、見てしまうのは、この題材、「オカンとボク」は、永遠の題材だからでしょうか。
物語は、最初に病院のシーンで、がん検査をやるところだったかなから始まります。
これも賛否あるかも。
ストーリー展開は淡々と、でもペーソスがふんだんなので、クスッ、クスッと笑うところもあります。
で、東京へ上京してからのオカンとボクの間の溝というか忘れたこと、これもわかりますね。
なので、感情移入していき、抗がん剤のシーンでは、もう、涙ながらのはずが、そうならない。
それは、この選択は、オカンが選んだのではなかったかな。
ボクではなかったように思ったけど。

そして、最後。やっぱり、離れていても、親子。
オトンのエキスが入っていることになんとなくボクが気づくのがなんともいえないですね。
このちょっとすかしたようにも思える親子関係が、この家族をなんだかんだといって最後までつないでいる決め手のひとつかなと思いました。

あとは、人は、その事実を忘れたり、先送りにすること。
これは、自分もそうですが、7年間なにもなければ、母親の病気とかも忘れますね。
劇中でもあった、「人はその幸せが永遠に続くと思う」と言う言葉、重いですね。

2時間20分は、そんなに長くはなかったかな。


終わってから、実家に電話をしてしまったのは、言うまでもありません(爆)。



【私の採点】

  ★★★☆
     (満点10点 ★:2点。☆:1点)

これ以上も以下もない7点です。
キャスティングは見事、脚本もいいし、カメラワークも素敵。
でも、この点数です。
題材が強すぎるんですね、たぶん。
特に原作、スペシャル版、連ドラを見てしまった人にとっては、どうだったのかな。
オカンの最期のシーンは、あれがよかったかな、と思いますね。
抗がん剤のシーンは、ちょっと多いかなと思いましたが、あれがこの映画の一番のシーンかな。
という意味で、自分は、泣きませんでした。いや、うるうるきませんでした。

なかせるならば、遺品のところでしょうね。
東京タワーでミズエにオカンからの手紙を渡すシーン、これをデフォルメすると・・・

それから、おばあちゃんの見舞いのシーンの百万円の話とオカンのなすの味噌汁の話。。。
この手の状況ではというのは、自分も経験ありますから、ぐぐぐっときますね。

オトンとオカンは、もうベストに近いでしょうね。
オカンについては、田中裕子さんもよかったですけどね。

オダジョーは、賛否あるでしょうけど、あれでいいんでは。
リリーさんぽいところもあったし、コートとかカーディガンとかはちょっとかっこよすぎかな。
リリー・フランキーさんがかなりアドバイスしたって言うから。
まあ、リアルでもあり、リアルでもなしかな。

ちょっと? と思ったのは3つ。
1つ目は、船を作るシーンを選んだこと。
たぶん、最後、煮え切らないオトンの性格を出すにはよかったのかな。
2つ目は、高校のシーン。
彼、声変わりしてなかったので、ちょっと違和感ありました。
3つ目は、ミズエかな。
肝心なところで、あれ? という感じになる。
この人は、この手の映画はできないのかな。

(追記)
もう一つありました。
オカンの容態が急変するシーン。
病院は、電話の取り次ぎするんだろうか。
あの時期のあのくらいの病院なら、ダイアルインだったと思います。
で、取り次ぐようにしたの、自分でしょ。
あれは、醒めました。
というのは、自分は、肉親の危篤の知らせは、そのダイアルインで知ったんですから。
看護婦から直に(え)。

それから、音楽について。
エンディングで歌ってないで、あなた、やってほしかった。
自分は、一番適役だと思うんですけどね、彼。

【製作メモ】 from All Cinema ONLINE
上映時間  142分
製 作 国 2007年 日本(日本テレビ放送網/松竹ほか)
公開情報  ギャガ・コミュニケーションズ
初公開年月 2007/04/14
ジャンル  ドラマ

《公開時コピー》
オカン、ありがとうね。


監 督 : 松岡錠司
原 作 : リリー・フランキー
      『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(扶桑社刊)
脚 本 : 松尾スズキ
撮 影 : 笠松則通
美 術 : 原田満生
衣 装 : 宮本まさ江
編 集 : 普嶋信一
音 楽 : 上田禎
主題歌 : 福山雅治 『東京にもあったんだ』
メイク : 豊川京子
照 明 : 水野研一
録 音 : 柿澤潔
 
出 演 : オダギリジョー  ボク
      樹木希林     オカン
      内田也哉子    若い頃のオカン
      松たか子     ミズエ
      小林薫      オトン
      冨浦智嗣     中学、高校時代のボク
      田中祥平     小学校時代のボク
      谷端奏人     幼少時代のボク
      渡辺美佐子    筑豊のばあちゃん
      佐々木すみ江   小倉のばあちゃん
      原知佐子     現在のノブエおばさん
      結城美栄子    現在のみえ子おばさん
      猫背椿      ブーブおばさん
      伊藤歩      タマミ
      勝地涼      平栗
      平山広行     磯山
      荒川良々     えのもと
      辻修       ホセ
      寺島進      ハイカラな男
      小島聖      若い頃のノブエおばさん
      吉本菜穂子    若い頃のみえ子おばさん
      光石研      小料理屋の客
      千石規子     病院の借家の老婆
      仲村トオル    ラジオ局のディレクター
      土屋久美子    高校の女教師
      小泉今日子    不動産屋の事務員
      板尾創路     「かっぱ」の客
      六角精児     編集長
      宮崎あおい    アイドルDJ
      田口トモロヲ   郵便配達
      松田美由紀    中目黒の大家
      柄本明      笹塚の診療所の医者
      田中哲司     東京の病院の医者
      塩見三省     葬儀屋
      岩松了      催促する編集者の声
      江本純子     風俗嬢C
      安藤玉恵     風俗嬢A
      栗原瞳      風俗嬢B
      麻里也      堕落した日々の彼女
      竹下玲奈     大学時代の彼女
      小林麻子     似顔絵教室の女子社員
      ぼくもとさきこ  東京の看護婦



実は、号泣したシーンがあります。
それは、オカンが上京するシーン。
これは、原作を読んでいるからかもしれないですが、ほかの二人のオカンより、人生をさとったオカンの表情、よかったです。
リアルに感じてしまいました(汗)。
自分も、呼ぶつもりだったりするんですが、言えなくなっちゃいそう。

[PR]
by panchan1121 | 2007-05-13 21:31 | Movie | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://panchan.exblog.jp/tb/5579218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from nest nest at 2007-05-15 18:48
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
 1960年代の九州で、両親が別居して“オカン”に引き取られた“ボク”は、やがて上京し美術大学へと通う。バブル崩壊後、イラストとコラムの仕事で生活の糧を得た彼は、ガンの手術をした母を東京に呼び、同居を始める。 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | Excite エキサイトシネマ ベストセラーの本は未読だし、ドラマも結局見てないので、前知識は大まかなあらすじだけでのぞみました。(見たのはもう3週間ぐらい前ですが(^^;)) ストーリーは皆さんご承知だと思いますので、ネタバレありでい...... more
Commented at 2007-05-14 07:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by panchan1121 at 2007-05-14 09:50
☆ 鍵 at 2007-05-14 07:40 さん。
そうですか、やっぱりそうなんですね。

そうそう、ジョリーダンスが入っていれば、オトンの人生も変わっていたかな(違)。
Commented by colortail at 2007-05-14 15:47
トラバありがとうです^^
え、福山さんがボクをってこと?おっと、想像したことなかったな・・・。でも合うかな^^
オダジョーは、リリーさんぽい服装も着こなせちゃってて凄いんですが、着こなしすぎてるかもしれないですね(笑 なんだかやっぱりかっこいいんだもの。
Commented by panchan1121 at 2007-05-15 07:32
☆ colortail さん。
こちらこそ、失礼しましたm(__)m。
そう、かっこいいですよ、彼。
実際、リリーさんよりも(爆)。少なくとも外見は(爆)。

Commented by snowdrop99 at 2007-05-15 18:41
TBありがとうございます。
原作者は映画だけは口出ししたそうですから。
だからといって、原作を読む気にはなれないですね。分かってるから。
Commented by miniusagi52 at 2007-05-15 21:51
TBありがとでした。
コメント欄に横レス

そーです。本人より微妙にオダジョーのがカッコイイっす(爆
どっちもタイプではないのでどーでもいいですが(大爆

Commented by panchan1121 at 2007-05-16 10:05
☆ yuki さん。
あ、そうなんですね。
自分は、テレビが始まる前に、読んだんですが、直ぐにB○○K○FFへ(爆)。

☆ みにうさ さん。
えー。
<< マッサ連勝、琢磨、アグリで初入賞。 皆さんはどうされました? >>