伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(436)
(412)
(271)
(239)
(206)
(199)
(178)
(162)
(140)
(129)
(124)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(91)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
ほんと救いようのない結末「ノーカントリー」
気がつけば1ヶ月以上も映画とは離れてました。

   ノーカントリー

オスカー映画だけど、復活第1弾にこれとは・・・(汗)。

【ストーリー】
a0022038_5154339.jpg メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった。

goo映画」より引用

参考サイト
  excite映画該当ページ

trackback from
  「ノーカントリー」獲っちゃいましたか…。
               by シネマ親父の“日々是妄言”
  ノーカントリー by またあした

相変わらず、ネタバレ気にせず記事をあげちゃいます。なので、下まで、気になるかたは、ずーっと見ないでください。

時系列に関係なく、方々trackback することをご容赦ください。

「ノーカントリー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>



【解説】
a0022038_5173235.jpg その髪形だけで強烈なインパクトを放つダイハードな仕事人を演じたスペイン俳優ハビエル・バルデムが、男くさい魅力で逃げる男を好演するジョシュ・ブローリンも、ベテランの渋味で勝負のトミー・リー・ジョーンズをも圧倒する不気味な存在感で、ぞくぞくするほど怖くて面白い追跡/逃亡劇をリードする。原作はピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーの小説「血と暴力の国」。『ブラッド・シンプル』『ファーゴ』などノワールなスリラーを得意とするコーエン兄弟が監督・脚本・製作を担った本作は、カンヌ国際映画祭コンペ部門に出品されたのを皮切りに各映画賞を席捲し、まさに2007年度を代表する一本となった傑作。

goo映画タイトルトップ)」より引用。

【感想】
a0022038_517535.jpg とにかく、「こんな終わり方?」というのが、最初の感想でした。
始まりも、トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデムとも出てくるのが遅い(ぇ)。
ジョシュ・ブローリンが、最初、いわゆる小市民?を演じた後に始まる恐怖の追跡劇、そして、トミー・リー・ジョーンズがケリー・マクドナルドが微妙に絡む。
それにしても、怖いっすよ、ハビエル・バルデム。
その論理も、まあなんというか、その事故中ぶりに驚かされます。
しかもすっごく不気味。
周りが、雇い主やメキシコ人の密輸団とかがまともに見える(ぇ)くらいです。
そして、結末は、予想もしていなかった、救いようもない結末。
とにかく、考えさせられるより、「ここまでやるの?」という2時間ちょっとでした。

【私の採点】

  ★★★★
     (満点10点 ★:2点。☆:1点)

 これ、作品としては脚本、演出、カメラ、ビジュアルとすごい、10点、と言いたいのですが、やっぱり、このオチは、原作がそうだったとしてもなんとかしてほしかったというのが本音です。

 それくらい救いようのない感じが高かったです。
 これ、雰囲気から、80年代に入るくらいのテキサス、ニューメキシコだと思えるんですが、すでにこの頃にアメリカは、心の病にかかっていたという事実もびっくりします。

 コーエン兄弟は、まあ、それを忠実に再現しているように思いました。
 その、西部って感じもいいですね。
 それから、ハビエルのあの無表情さ、そして、ほぼターミネーター状態で追ってくる怖さ、それから頭の良さ。もう、こんなやつに関わりたくないです。

 殺し方もあれですね。
 (ネタバレですが)最初は、力業、あとはエアガンが多かったかな。
 あのスポン!というのがちょっと残って、うなされそうでした。

 で、気になったのがトミー・リー・ジョーンズ。
 実は、結構おじさん的に蘊蓄のように推理をし、世の中を憂いたりするんですね。
 そして最後は、リタイアを決める。
 なんか、缶コーヒーのCMに見えてきたのは私だけ?

 でも、絶望的になりますね、マジに。

 まあ、見るなら映画館で見ていただきたい映画です。
 でないと、電源切っちゃうもの(ぇ)。

 でも、ラスト、あの奥さんはどっちだったのか。そして、保安官はなぜ残ったのか・・・

 怖いけど気になってしょうがない映画でした。

【製作メモ】 from All Cinema ONLINE
原  題  NO COUNTRY FOR OLD MEN
メディア  映画
上映時間  122分
製 作 国 2007年 アメリカ
公開情報  劇場公開(パラマウント=ショウゲート/ミラマックス)
初公開年月 2008/03/15
ジャンル  ドラマ/犯罪/サスペンス
《公開時コピー》
世の中は計算違いで回る


監  督: ジョエル・コーエン
      イーサン・コーエン
製  作: ジョエル・コーエン
      イーサン・コーエン
      スコット・ルーディン
製作総指揮:ロバート・グラフ
      マーク・ロイバル
原  作: コーマック・マッカーシー
      『血と暴力の国』(扶桑社刊)
脚  本: ジョエル・コーエン
      イーサン・コーエン
撮  影: ロジャー・ディーキンス
プロダクションデザイン:
      ジェス・ゴンコール
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
編  集: ジョエル・コーエン
      (ロデリック・ジェインズ名義)
      イーサン・コーエン
      (ロデリック・ジェインズ名義)
音  楽: カーター・バーウェル

出  演: トミー・リー・ジョーンズ エド・トム・ベル保安官
      ハビエル・バルデム    アントン・シガー
      ジョシュ・ブローリン   ルウェリン・モス
      ウディ・ハレルソン    カーソン・ウェルズ
      ケリー・マクドナルド   カーラ・ジーン
      ギャレット・ディラハント ウェンデル
      テス・ハーパー      ロレッタ・ベル
      バリー・コービンエリス
      スティーヴン・ルート   ウェルズを雇う男
      ロジャー・ボイス     エル・パソの保安官
      ベス・グラント      カーラ・ジーンの母
      アナ・リーダー      プールサイドの女


[PR]
by panchan1121 | 2008-04-27 21:26 | Movie | Trackback(2) | Comments(7)
トラックバックURL : http://panchan.exblog.jp/tb/7050866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2008-04-30 01:59
タイトル : 「ノーカントリー」獲っちゃいましたか…。
 いやあ、獲っちゃいましたか“第80回アカデミー賞・作品賞”。「ノーカントリー」(パラマウント/ショウゲート)。重い、暗い、救いが無い…。アメリカは確実に病んでますな~。    砂漠で狩をしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、偶然多数の射殺体と大量のヘロイン。そして200万ドルの入ったかばんを発見する。その金を、危険な金と知りながら持ち帰るモス。この瞬間から、モスは命を狙われることに。身の危険を感じたモスは、妻・カーラ(ケリー・マクドナルド)を実家へ帰し、自身はかばんを持って逃亡する...... more
Tracked from またあした at 2008-05-04 17:27
タイトル : ノーカントリー
原題はNO COUNTRY FOR OLD MEN 年配者にとって住みよい国は無い。 コメディ的要素の強い犯罪映画を撮ってきたコーエン兄弟のほとんど笑えない怖い映画。 笑ったのは「服を着てる、着てない」のあとのシーンだけでした。 生真面目な殺し屋(というか殺人鬼)の怖さはまるでターミネーターのようで 血まみれの人を見てもさして心配するでもなく、おこづかい稼ぎにしか興味のない本筋とは関係のない若者のほうが、病んだ社会を象徴してるようである意味一番リアリティがあったかもしれません...... more
Commented by mori2fm at 2008-04-30 02:03
TB返しいただきました。ハビエルの“人間ターミネーター”は、
恐かったですね~。もし、この映画を“初めてのデート”に
選んでしまったカップルがいれば、壊滅的に“不幸”ですね(^^;。
Commented by panchan1121 at 2008-04-30 19:26
☆ mori2 さん。
> “初めてのデート”
初めてでなくても、これはでぇと向きではありません(汗)。
それでなくても、何度、目を伏せたか(ぇ)。
Commented by chiering2 at 2008-05-04 17:30
奥さんは、、、やっぱり、、、じゃないでしょうか、、、(ぇ)
だって部屋から出るとき、靴の裏に血はついてないか確認してましたし、、、
それに彼はある意味、きっちりしてますから(笑、いや笑えない)
Commented by somuchfor at 2008-05-08 17:12
ご無沙汰してます。panchan1121さんも見てたんですね。
ほんと救いないんですが、それもよしって言ってるようにも見えました、読めました。
Commented by panchan1121 at 2008-05-08 19:38
☆ ちえりんさん。
あ、やっぱり・・・(汗)。
確かに・・・(汗)。
そう、ある意味実直(爆、いや爆笑しない(汗))。

☆ somuchor さん。
ご覧になったようです。
映画としては、これでよし、なんでしょうね。
でも、ここまで描くことで見えてくるものは、ってことでなんか是正ありだとおもったりするのでしょうけど、実際、現実がもっとおかしくなってますからね(ぇ)。
Commented by おゆ at 2009-05-17 07:16 x
まぁこういう抽象的な映画は初心者には難しいよ
Commented by panchan1121 at 2009-05-17 07:47
☆ おゆ さん。
コメントありがとうございます。
> 抽象的
といいますか・・・。確かに単純明快ではありませんでした。 
<< テープを貼るという不信感。 日曜日は、人も少ないから。 >>