伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(436)
(412)
(271)
(239)
(206)
(199)
(178)
(162)
(140)
(129)
(124)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(91)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
見事にはめられましたぁ。「「デュプリシティ ~スパイはスパイに嘘をつく~」
火曜日と言えば、某シネコンの会員向け割引日。
時間もできたのですが、こんな時にちょうどいいのが(ぇ)ありましたぁ。

   デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~

あまり評価低めなんですが、それのせいか、今月までの情報もあり、あわてて・・・

【ストーリー】
 CEOハワード率いるトイレタリー業界最大手のB&R社に激しいライバル心を燃やす新興企業エクイクロム社のCEOディックは、強力なスパイ・チームを組織しB&R社の機密を収集することに躍起になっていた。新しくチームに加わったレイは英国の諜報機関MI6の元エージェント。早速、ハワードが世界を牛耳る新製品の発表を控えているという情報を、潜入スパイで元CIAエージェントのクレアから入手する。

goo映画」より引用。

参考サイト
  excite映画該当ページ
  映画生活該当ページ

trackback from
  「デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく」いやあ、シンドイな~。

相変わらず、ネタバレ気にせず記事をあげちゃいます。
なので、下まで、気になるかたは、ずーっと見ないでください。

時系列に関係なく、方々trackback することをご容赦ください。

「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~」の映画詳細、映画館情報はこちら >>





  

 



【解説】
 嘘つきは泥棒の始まり。そう、嘘つきのプロであるスパイは泥棒なのだ。初監督作『フィクサー』でアカデミー賞7部門ノミネートを果たしたトニー・ギルロイが新作で注目したのは大企業間で展開する諜報合戦。国家の威信をかけて暗躍するより遙かに実入りがいい企業スパイに華麗なる転職を企てる主人公にセクシーなクライヴ・オーウェンとジュリア・ロバーツが扮し、その雇い主には『フィクサー』でも出色の演技で唸らせた老獪なトム・ウィルキンソンと、えげつないほどの上昇志向を体現する個性派ポール・ジアマッティ。いい大人がガキ大将の覇権争いよろしく敵を出し抜く爽快感を求めるこのコメディ、最後の最後まで気を許せない。

goo映画タイトルトップ)」より引用。


【感想】(ここでは、ネタバレはぼかします)

 この手の映画は、最後、「だまされたぁ」って言えたかどうかで半分決まりそうな気がします。 
その意味では、だまされました、はい。

描き方としては、映画的にはオンタイムというか本線の時の流れがあり、それの合間合間に、主役2人のなれそめから今日までをあれこれとインサートするんだけど、単純に戻るのでなく、さすがはデジタルシネマ時代、編集機を使ってそれこそビデオのようなシーン転換に時々息抜きしたり(ぇ)。

その間にいろいろとそれこそ、ふんふん、やっぱり、えっ の感情を持たせてくれます。
そんなわけで、私は、最後まで、「うーん、これが事実なのか?こいつはかけひきなのか?」という思いがずっと取りきれず、それが、見る人にとっては、「こねくりまわしすぎ」とか「複雑になりすぎ」になるのだと思います。

まあ、そう思いながら、半信半疑で見続けても、ラストがここまでひねっているとは、と思わせてくれますから、脚本としてはいいものだったのでしょうね。

で、呆れるのは、この主役2人が「ええもん」をもっている(爆)なことと、それから、騙し合いだけでなく、嫉妬深い点かな。この嫉妬深さとスパイにありがちな人間不信が最後は・・・。

というわけで、主役2人もだけど、脇がもうくせ者。フィクサーでも役者としては”いい役どころ”だったトム・ウィルキンソンとポール・ジアマッティが背後で対決しているというのもなかなか見どころ満載です。そして、この2人や双方の諜報組織に目を奪われているうちに気がつくとまんまとトニー・ギルロイさんの手におちていたというのが感想。
      
 確かに複雑になってるかもしれませんが、観られる方は、ちょっと俯瞰気味に観ていると、とっても楽しめる作品です。



【私の採点】(採点のあとは、思いっきりネタバレしますので(ぇ))

  ★★★★
     (満点10点 ★:2点。☆:1点)


 トニー・ギルロイといえば、「ボーン」シリーズになりますが、昨年、「フィクサー」という映画(私の感想)をちょっとオチにけちを付けながら、なんと9にしていたりしました。
 その点、この映画も9でもいいかもしれないのだけど、そこまで楽しめなかったので、8です。

 この映画も「ネタバレ」で書かないとおもしろさが伝わらないように思います。というのは、時間軸の組み方と組み合わせ方、それから、登場人物の配置が、結末ありきで混ぜていった感がするんですね。で、これ、コメディでもあるんですね。たぶん。人物のプロフィールがわかりやすすぎて、それも混乱した理由かなぁ。

 一応、自分も、ある程度の仮説を立てて見ることにしました。
 そう、「もう1人逆スパイがいる」と。そう思いながら見ていたのですが、それが、まあ大大風呂敷だったというのが、もうなんだろう、スティングを初めて見たときの、子供ながらの感想のようでした。 それから、おしまいは、ちゃんと仕組まれてますよね。上手というか、もうもったいつけて、盛り上げて、でがっしゃんと、それこそ、5段オチくらいの迫力。
 
 とは言いながら、最後は、やっぱりハマってしまったのが、私だったり。

 フィクサーとの比較ですが、やっぱり脚本家さん。どっちかというとストーリーに力が入ってのかな。なので展開について行けなかったというのかな。で、フィクサーのほうが、自分的には、追い詰めていくわくわく感というのがあった分よかったような気もしました。

 ジュリア・ロバーツとクライヴ・オーエンといえば、「クローサー」ですが、ジュリア・ロバーツはやっぱりちょっとおう゛ぁさん入りましたね(汗)。「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」で感じましたが、今回は、うーん、ちょっと無理ありかな。これが、アンジーねぃさんなら、も、もうたまりませんよ(爆)。それから、クライヴ・オーエンの優男もまあわかりますが、一番ウケたのは、あの相手会社系列の旅行会社のおねぃちゃんかな。あの、一夜だけのエッチの感想を言ってるときの目が、よかったぁ(爆)。 男女の優位さも女性のほうが、賢い?というのは、男ウケしますよ。頭がよくて、美人で、それで、すてきなものを持ってるなんて(爆)。

 脇役では、そのおねぃちゃんもいい(ぇ)けど、やっぱりトム・ウィルキンソンとポール・ジアマッティでしょう。そろそろオスカーをあげてもいいくらいの存在感(体型や頭じゃないですよ)。
 そして設定のコスメというかトイレタリーの会社。片方は、日本でもおなじみでCM演出はアメリカ調のあの会社、もう一つは、いわゆるアメリカな、「強力」とか「パワーフル」とか「超○○」が売りの最近ネットショッピングで知られるようになった会社を思い出させます。ホントにそうしてるのかと思うくらい。両俳優さんはまた、似合うんですよね。

 音楽も、まあ、ライオネルリッチーさんの名曲をはじめ、甘~いのがたくさん。

 そうそう、あのコピー機をハッキングに使う案はなるほどとと思いました。
 勤務先でも、なんでもPDF化をしてまして、複合機に画像を保存する機能を仕組んでおけば、それこそ、なんでもできそうに思いました。危機管理慎重に。
 で、FAXでというのは、なるほども思いますが、たぶん、ないかもしれないでしょう。最近は、スキャナーとFAXサーバーだったりしますから。
 コピー複合機は確かに実はWindowsマシンだったりしますからね。
 
 原題のDUPLICITYは、二枚舌とか偽りとかに訳せます。 実際は、5枚舌くらいありそうな(爆)、真の仕掛け人は、まあ、呑気に盆栽の手入れをしながら、着々と事をすすめていたわけですよね。



【製作メモ】 from All Cinema ONLINE
原  題  DUPLICITY
メディア  映画
上映時間  125分
製 作 国 2009年 アメリカ(ユニバーサル)
公開情報  劇場公開(ユニバーサル/東宝東和)
初公開年月 2009/05/01
ジャンル  サスペンス/犯罪
映  倫  -
      
《公開時コピー》
これは、生き残りをかけた“企業諜報合戦”


監  督 : トニー・ギルロイ
製  作 : ジェニファー・フォックス
       ケリー・オレント
       ローラ・ビックフォード
製作総指揮: ライアン・カヴァノー
脚  本 : トニー・ギルロイ
撮  影 : ロバート・エルスウィット
プロダクションデザイン:
       ケヴィン・トンプソン
衣装デザイン:アルバート・ウォルスキー
編  集 : ジョン・ギルロイ
音  楽 : ジェームズ・ニュートン・ハワード


出  演 : ジュリア・ロバーツ       クレア・ステインウィック
       クライヴ・オーウェン      レイ・コヴァル
       トム・ウィルキンソン      ハワード・タリー
       ポール・ジアマッティ      ディック・ガーシック
       デニス・オヘア         デューク
       トーマス・マッカーシー     ジェフ・バウアー
       キャスリーン・チャルファント  パム
       ウェイン・デュヴァル      ネッド・ガストン
       ダン・デイリー
       リサ・ジラン
       リック・ワーシー
       オレグ・ステファン
       クリストファー・マン




※写真関係はあとで追記します。
※追記するとは思います。
[PR]
by panchan1121 | 2009-05-19 21:50 | Movie | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://panchan.exblog.jp/tb/8296045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2009-05-22 20:21
タイトル : 「デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく」いやあ、シ..
[ジュリア・ロバーツ] ブログ村キーワード   ジュリア・ロバーツ主演復帰作。相手役は、クライヴ・オーウェン。この組み合わせで思い出すのは、グダグダエロエロ映画「クローサー」…(爆)。「デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく」(東宝東和)。今回はスタイリッシュで、オシャレです。トニー・ギルロイ監督の、演出手腕が光ります。でも、付いていくのしんどかったな~!  トイレタリー商品の新興メーカー、エクイクロム社のCEO・ガーシック(ポール・ジアマッティ)は、老舗メーカー・B&R社の動向に異常...... more
Commented by mori2fm at 2009-05-22 20:24
TB返しいただきました~。
ジュリア・ロバーツは、シンドかった~!
この映画はソレに尽きます(^^;。

あ、いただいたTBですが、消したらイカン方を消してしまいました…
(>_<)。
またよかったら、お送り下さい。
Commented by panchan1121 at 2009-05-25 02:22
☆ mori2 さん。
そうですね、ジュリア・ロバーツはそろそろ別のほうへ行ったほうがよさそうです・・(汗)。
<< 晴れ。 ご主人を亡くされてからは苦労が... >>