伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(436)
(412)
(271)
(239)
(206)
(199)
(178)
(162)
(140)
(129)
(124)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(91)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
なるほど神木くんはここででるの「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」
おまえは、けなすために映画見るの?と言われそうなんですが・・・(汗)

 

3部作のラスト。さあ、どこまで楽しめるかと、まあ、上から目線(ぇ)で見に行きました。

【ストーリー】
 「世界大統領」となった“ともだち”が、世界を支配する“ともだち歴3年”(西暦2017年)。殺人ウイルスが蔓延した東京はそびえたつ壁に包囲され、都民の行動は完全に制限されていた。そして“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と声明を発表。それは、その日時に新たな殺人ウイルスがばらまかれることを意味していた…。一方、ヨシツネ率いる反政府組織“ゲンジ一派”、武装蜂起を訴えるカンナ率いる強硬派“氷の女王一派”、そしてユキジとオッチョらは、それぞれ人類滅亡を回避する方法を水面下で模索していた。

goo映画」より引用

参考サイト
    excite映画該当ページ
    映画生活該当ページ

trackback from
相変わらず、ネタバレ気にせず記事をあげちゃいます。なので、下まで、気になるかたは、ずーっと見ないでください。

時系列に関係なく、方々trackback することをご容赦ください。

「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

  

 



【解説】
 総製作費60億円、300名を超えるオールスターキャスト、1年間におよぶ長期撮影と、すべてがこれまでの邦画のスケールを突き破った世紀のプロジェクトが、遂に完結する。“血のおおみそか”事件から、ケンヂはなぜ行方不明だったのか? キーパーソンとなるケンヂの姉・キリコは、今どこで何を? そして“ ともだち”とは、いったい誰なのか…!? すべての謎が矢継ぎ早に明かされ、第1章から積み重ねられてきたエピソードが次々と繋がっていく。特にこれまでの大芝居のカラクリがあばかれ、メッキがはがれると同時に明らかになっていく“ともだち”の素顔は見どころだ。ハリウッド映画にありがちな単純な勧善懲悪で、ただ“ともだち”を断罪するのではなく、ケンヂ、オッチョらが彼と向き合うラストも深みがあり、切ない。またエンドロール後に10分間のスペシャル映像があるので、絶対に最後まで席を立たないで!

goo映画タイトルトップ)」より引用。


【感想】(ここでは、ネタバレはぼかします)

シネコンのポイントを使って見ましたが、それでよかった作品でした。

事前にスタッフが、「ともだち探し」がテーマじゃない、と言い切ってましたが、そうとしか思えない展開。
ただでさえ、張りぼてだしまるのセット、なにを意味するかわからない、漫画を実現するためだけのVFXとビジュアル的には厳しく、なんとか、この映画は、ちゃんと、「ともだち」vs「カンジたち”地球防衛軍”」という図式になるのかと思っていたら、漫画原作同様、「ともだち」探しと「ともだち」の隠された過去にとらわれ続けたストーリー展開に惑わされました。

わくわくしないんですよね。
漫画をトレースする/しないもはっきりしないストーリーだし、映画は2時間ちょっとなんだから、短くポイントを絞るべきだったような。
たとえば、かつての仲間が徐々にあつまってくるような感動とかは、まったく感じず、ただ一言で次にいくんだもの。

さらに、不可解なのが、ラストの10分。
この意図は、主人公たちの自己満足なのか、それとも・・・、なのか。

突っ込みどころ満載過ぎて、突っ込む気もでません。

まあ、カメオっぽい出演者も含めて、「スターかくし芸大会のドラマ」のような作品を3本見せていただきました。

堤さんらしいのは、小池栄子のあのキャラくらいかな。


【私の採点】(採点のあとは、思いっきりネタバレしますので(ぇ))

  ★★
   (満点10点 ★:2点。☆:1点)


ということで、ひさびさ、低評価です。

正直なところ、原作者側が口出ししすぎたのでしょうか、堤さん得意の「あそび」は、さっきあげた、小池栄子と木南晴夏くらい(あ、当然、春波夫さんもですが・・・)で、あとは、”?”なシーンの連続でした。他にもあったんですけど。
情報量の多さにまいりました。
たぶん、原作にあるから撮ったシーンばかりなんでしょうけど、この映画が「ともだち」を暴くことなのか、「世界滅亡」阻止なのか、わからないままに進んでしまったのが、まあ、いけません。

それから、カメオ的な出演者がそのままのキャラでてているのも、日本らしいといえばそれまでですが、なんかお金の無駄遣いのようで、つまらなかったですね。
 
突っ込みどころは、漫画原作ですから、まあ大目に見てましたが、柱がばらばらのまま3時間つかったので、別の意味で疲れました。

で、オチですが、「ともだち」の処遇もなんかテレビドラマ的ですし、正体も、まあ、かれが別人だったということがわかるまでの設定が漫画原作と違うのですが、そんなもんどうでもいいかと。

ただ、いえることは、「いじめ」って、いつの時代も陰湿なんですよ、実際。
でも、昔より違うのは、昔は、進学や就職で、自分を変えることができたし、そんなことどうでもいいような状況に年が経つにつれて思うようになる(それがこの10分のヲチの元だと思ったり)んだけど、いまは、それができにくいのかな。
いつまでたっても小さいなかで、くよくよしないといけないのもつらいんだろうなぁ。

そして、10分のラスト。
これ、まず、あのともだちランドの装置が、勝手に使えるの? そして、これは、タイムマシンなの? という突込みがあって、「おぃ、おぃ、ここで変えてしまうとこの物語は、なかったことなんだということ?」という突っ込みが生まれ、あーあ、なんですよね。
ここで、わざわざ、神木くんをだしたのがわかるのだけど・・・。

出演者では、小泉響子さんがさみしかったな。

日テレさんてきには、K-20のほうが見たいです。


【製作メモ】 from All Cinema ONLINE
メディア  映画
上映時間  155分
製 作 国 2009年 日本(日本テレビ/東宝 ほか)
公開情報  劇場公開(東宝)
初公開年月 2009/08/29
ジャンル  サスペンス/ドラマ

《公開時コピー》
もうひとつの 結末。
もうひとりの ともだち。


監   督 : 堤幸彦
製   作 : 堀越徹
        亀井修
        島谷能成
        平井文宏
        西垣慎一郎
        島本雄二
        大月昇
        和田倉和利
        長坂信人
        板橋徹
プロデューサー:飯沼伸之
        甘木モリオ
        市山竜次
エグゼクティブプロデューサー:
        奥田誠治
製 作 指 揮 : 宮崎洋
ラインプロデューサー:
        鶴賀谷公彦
企   画 : 長崎尚志
原   作 : 浦沢直樹
脚   本 : 長崎尚志
        浦沢直樹
脚 本 協 力  : 渡辺雄介
撮   影 : 唐沢悟
美   術 : 相馬直樹
衣   裳 : 川崎健二
編   集 : 伊藤伸行
音響効果  : 北田雅也
音楽監督  : 白井良明
主 題 歌 : T・レックス
        『20th Century Boy』
VFXスーパーバイザー:
        野崎宏二
スクリプター: 吉田久美子
        奥平綾子
照   明 : 木村明生
装   飾 : 茂木豊
第2班監督 : 木村ひさし
録   音 : 鴇田満男
助 監 督 : 白石達也
COプロデューサー:
        大村信

出   演 : 唐沢寿明            矢吹丈/ケンヂ(遠藤健児)
        豊川悦司            オッチョ(落合長治)
        常盤貴子            ユキジ(瀬戸口ユキジ)
        香川照之            ヨシツネ(皆本剛)
        平愛梨             カンナ(遠藤カンナ)
        藤木直人            蝶野
        石塚英彦            マルオ
        宮迫博之            ケロヨン
        佐々木蔵之介          フクベエ
        山寺宏一
        古田新太            春波夫
        高橋幸宏
        佐野史郎            ヤン坊・マー坊
        森山未來            角田
        小池栄子            高須
        木南晴夏            小泉響子
        ARATA             13番(田村マサオ)
        六平直政            仁谷神父
        福田麻由子           サナエ
        竹内都子            市原節子
        竹中直人
        石橋保             ケンヂの同級生
        光石研             ヤマさん
        片瀬那奈            敷島ミカ
        津田寛治            諸星
        手塚とおる           漫画家・金子
        田鍋謙一郎           漫画家・氏木
        サーマート・セーンサンギアム  タイマフィア・チャイポン
        チェン・チャオロン       中国マフィア・王
        田中健
        西山潤             ケンジ(子供時代)
        澤畠流星            オッチョ(子供時代)
        松元環季            ユキジ(子供時代)
        小倉史也            ヨシツネ(子供時代)
        安西壱哉            マルオ(子供時代)
        黒羽洸成
        森山拓哉            ケロヨン(子供時代)
        吉井克斗            ドンキー(子供時代)
        清水歩輝            コンチ(子供時代)
        矢野太一            モンちゃん(子供時代)
        藤原薫             サダキヨ(子供時代)
        山田清貴            ヤン坊・マー坊(子供時代)
        乙黒勇希
        上原陸             フクベエ(子供時代)
        吉田海夕            池上(子供時代)
        安彦統賀            ヤマネ(子供時代)
        佐藤涼平
        高嶋政伸            地球防衛軍
        田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
                        地球防衛軍
        神木隆之介
        遠藤賢司            猟師
        研ナオコ            ジジババ
        北村総一朗           敷島教授
        左右田一平           ライブ客
        岡田義徳            集会場の裏方
        河原さぶ
        大河内浩
        吉田照美            ライブ客
        ダイアモンド☆ユカイ      ライブ客
        MCU              ライブ客
        原口あきまさ          ライブ客
        武蔵              厳道館師範代・大垣
        斎藤工             ライブ客
        武内享             エロイムエッサイムズのギタリスト
        多田木亮佑
        載寧龍二
        高野八誠
        藤田玲
        永田彬
        真野裕子
        宮川俊二
        中西学
        スーパーストロングマシン
        広田亮平
        丸山智己
        西辻正樹
        田辺修斗            中学時代のケンヂ
        石橋蓮司            万丈目胤舟
        中村嘉葎雄           神様
        黒木瞳             キリコ



画像は、あとで upします。
[PR]
by panchan1121 | 2009-09-06 22:42 | Movie | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://panchan.exblog.jp/tb/8923850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 晴れ 見ます >>