人気ブログランキング |

伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(478)
(449)
(271)
(239)
(207)
(200)
(178)
(162)
(157)
(140)
(129)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(92)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
Scene802 著作権でなにもできなくなる。
けさ、社内で、著作権に関するセミナーがあり、聴いたのですが、昨年1月より、著作権法が改正になり、「自由利用マーク」というのができたのと同時に、自由利用の範疇を決めるガイドラインができたことを知りました(実際は、前にそんな仕事をして、この壁にぶち当たったのですけどね)。
そのなかで驚きは、
●教育用途でコピーフリーは50人まで
●公開授業であっても生徒に配る資料を見学者に配布は出来ない
●個人が授業目的で収録したビデオを他の教員が借りて講義に使うことはできない
などなど...


詰まるところ、著作権者には有利には出来ているが、例えば、著作権の講義で、やってはいけない例を例示することもできないそうです。

教育も学校はいいが、公民館のカラオケ教室はだめとか、カルチャーセンターとかの講義はだめとか。。。

昨年では、ジャズ喫茶でジャズのレコードをかけているわけですが、それも音楽で利益を得ているわけで、著作権料をJASRACが徴収しようとしているとか、ダンス教室でもやり玉に挙がっているとか、ある部分、ちょっと常識的には信じがたい(でも確かにタダだわね)ことが起きてます。
そうなると、自分の好きな音楽をかけるバーやレストランも行けないわけですね。
DVDを環境映像で使うのもだめ。みんなでDVDを見る会をやってもだめ(かなりきわどいけど)。

なんか考えさせられました。
これに対抗するには、圧力団体を作って、文化庁の指導の元、JASRACと戦わなければいけない訳ですね。

さて、どの辺までは認めてもらう(あげる)のがいいのでしょう。
by panchan1121 | 2005-02-04 20:59 | Records/News | Trackback(2) | Comments(13)
トラックバックURL : https://panchan.exblog.jp/tb/1619905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from にぶろぐ at 2005-02-05 03:53
タイトル : 著作権の話(3) 他人の権利を尊重する
こんばんは。小林亜星です(ウソ)。 今回は他人の権利(著作権)を尊重するということについて。これって実はブログではそんなに難しいことではありません。自分で書いたテキストと自分で撮った写真、自分で書いたイラスト/絵だけで構成すれば問題はありません(補足・訂正があります)。 だけどそれではちょっと寂しいですね。自分の主張だけ書きっぱなしでは発展がありません。また、書きたいことが自分の心の中とか、生活から出しているだけでは、そのうち書くことが枯渇してくるのではないでしょうか。そこで、新聞や雑誌の...... more
Tracked from KOBECCO at 2005-02-07 18:31
タイトル : 肖像権って。
2005/02/04付、『Scene802 著作権でなにもできなくなる。』 で、肖像権が話題になったんで、ちょっと調べてみました。 肖像権は、ひとの肖像(顔・姿を写真・絵画・彫刻等で表したもの)に人格的、経済的利益を認めようというのが肖像権の定義だそうです。 先日のコメントで述べたとおり、日本では、憲法の「基本的人権」に関する乗降での判断くらいしか本文ではないようですが、おにゃんこクラブのスーベニールなどで起きた訴訟などでクローズアップされてきました。 権利としては、人格的肖像権、営利的...... more
Commented by yossy_mitty at 2005-02-04 21:44
著作権は、とても難しい問題です。自分が著作権者か、利用者かで、意見は真二つに割れますし。
ブログ・HPといった個人のネットの世界をはじめ、日常生活の随所で著作権と密接な関係あるので、真剣に考える必要ありですね。

著作権者の利益保護だけを考えたら、「著作権ファシズム」ができて利用者は何もできなくなり、表現の自由が衰退し、最後はお互いに滅びることになるし、利用者の自由ばかりを認めたら、著作権者は全滅し、結局同じ道をたどり、お互いの不幸にしかなりません。

「どの辺まで」を決めようとすれば、告示の際に百科事典一式並みの官報になりそう。
「常識の範囲」が通じなくなった、今の日本ならではの悩みだなぁ。

圧力団体=国民がなんとかしなければなりませんね。
闘うより、話し合うほうが理想ですが・・・。

お役所や利益関係団体と闘うには、足下をすくわれないために、自分たちが、著作権法に違反していないことが最低条件です。
まず「著作権」の何たるかを知って、自分は違反してないか考えないと・・・。
この問題の原因は、片方だけではなく、双方にあるのですからね。
Commented by Kurt. at 2005-02-04 22:05
JASRACは潰したほうがいいですね。著作権に関してはうちは犯しまくり
なんで、何もいえませんけど、あの団体のあくどさは許せません。
Commented by yoshihiroueda at 2005-02-05 01:18
自由利用マークってはじめて知りましたよ。僕も「美人は利用可」マークを作ろうかな。
著作権は今までがいい加減なところが多く、きびしくなるのは仕方がないかなと思います。一方で、言ったもん勝ちという側面も大きく、無用なトラブルを避け安心して創作ができるようガイドラインを明確にすることが必要と思います。
JASRACも外に対する姿勢は正しいのかもしれませんが、あまり権利者の役に立っていない点が問題でしょう(自分の著作物でも安く出したりできないなど)。
Commented by micho7 at 2005-02-05 11:19
ブログやHPをもっていると、著作権は、さけては通れない問題ですね。
何をどう決めるか、ルール作りは大変難しいところです。
音楽ではないのですが、以前、奈良のお寺をパンフレットに載せるのに、自分がとった写真でも、お寺の許可が必要、という話をきいたことがあります。なんでも、肖像権があるとか、ないとか・・・?
難しいです、ホントに。
Commented by yossy_mitty at 2005-02-05 16:15
私もブログで、雑誌を紹介するときに、その出版社に雑誌の写真掲載許可をとりました。
自己紹介とブログのURL、紹介の趣旨をメールで書き送ったところ、快く許可を頂きました。
「写真一枚載せるだけなのに面倒!」と思われるかもしれませんが必要なことですし、メールで済むのなら楽なものです。
取材も、同様にメールで出来るので、良い時代になりました。

ちゃんと、ルールを守っていれば、絶対にトラブルは起きないし、逆に良い結果をもたらしてくれますよ。

でも、音楽業界は、歌詞もジャケット写真も、判で押したように「NG!」回答なので、トホホです。
それだけ頑固になる「ひどい目」に遭ってるんだろうなぁ、とも少し同情しますが、頭が固すぎるゾ〜とも思うのでした。。
Commented by yoshihiroueda at 2005-02-05 20:55
michoさん、肖像権は人にあるものなのでそれは単なる言いがかりだと思います。もちろん建物も芸術作品という観点から著作権主張できます(普通は似たようなものを立てるなと言うレベルですが写真をとるなと言ってもかまわない)が、それ設計した人はたぶん亡くなってから50年以上経っていると思われます。根拠はなくとも主張すれば、多くの人はトラブルを避けるために引っ込みます。これが「言ったもん勝ち」ということ側面です。
ブログのオーナーが旅行に行っている間にコメント欄が掲示板状態(笑)。
Commented by yossy_mitty at 2005-02-05 23:51
掲示板になったのなら、また書いちゃお!(panchanさん、ゴメン)
micho7さんの経験した「肖像権」のお話も、著作権問題に無知・無関心で、自分勝手に都合良く利用する国民が多い証拠ですね。
寺社旧所名跡・博物館・美術館等は、信仰や文化財保護、オミヤゲ売りたさ(?)のために無断での撮影・掲載・転載禁止が目立ちます。
著作権に関する正しい知識を持って、正しい使い方をすれば、相手が納得できない誤った説明や、無用なトラブルをせずに済むのですが。
「著作権」「肖像権」と主張すれば何でも断れる「魔法の呪文」=「言ったもん勝ち by yoshihirouedaさん」として使うのはやめて欲しいものです。
「それじゃ、オマエはちゃんと知ってるのか?」と聞かれると、たちまち無言になる私ですが・・・。(^_^;>。
Commented by panchan1121 at 2005-02-06 10:05
yossy_mitty さん。
以前聞いた、文化庁の意向は、分からないことは、権利者間で業界毎にガイドラインをつくって運用するしかないとは言ってました。
現状では、判例を増やすと権利者側にどんどん有利になっていきますね。 ほんと、どうしたものか。。。

Kurt.さん。
一番の問題は、それを利用して利益を上げた場合です。
blogまでは言及してませんが、いずれは誰かが「地雷」を踏むでしょう。

yoshihiroueda さん、久々のコメントで。
(コメント不可にしておくべきだったと反省)
最初のコメントについてですが、JASRACも文化庁の外郭団体であり、「お役所仕事」ですね。
音楽については、カラオケが始まりでした。なので、現状、ストリーム系には対応しきれてません。
なので、まあ一つ一つつぶして行くしかないと思います。

Commented by panchan1121 at 2005-02-06 10:10
micho7さん、コメントありがとうございます。
「地雷」踏んじゃったみたいですね(笑)。
実在の人物ならば、肖像権はあるかもしれませんが、実際のとことは、死後何年と決まってるんですね。
一番気にしているのは、フラッシュによる変質とその写真で商売(レプリカとか葉書とか)されることなんです。
なんせ、日本人は写真だけで、行った気になるからね。
Commented by panchan1121 at 2005-02-06 10:18
yoshihiroueda さん、yossy_mitty さん。
肖像権に関しては、「憲法」で人権の尊重が規定されており、それ以外には法的な根拠はないそうです。
著作権法は、「カラオケ」、「ポケモン」でかなり有名になっちゃったから、かなり拡大解釈するのも日本人の悪いところです。
あとは、別にpost あげます。。。
Commented by micho7 at 2005-02-06 12:03
一言お礼を。
yoshihiroueda さん、yossy_mitty さん、panchan1121さん、
著作権、肖像権について教えていただき、ありがとうございました。
私のブログは、まさにお寺の写真がいっぱいなので、こうしてご意見をいただき、以前から思っていた問題がすっきり解決しました。
今日から、またハリキッテ取材に出かけられま~す!
Commented by yossy_mitty at 2005-02-06 17:10
panchan1121さん。
ご旅行中、好き勝手に書き込んで、失礼しました。
「肖像権」もすっかり独り歩きしてるので、ややこしいですね。

人物が入る写真を撮るときは、その都度、撮影とブログにアップする許可をとってますが、とても大げさに思われてしまうのか、断られることが圧倒的に多いです。

「肖像権」に関する解説ありがとうございました。
でも、やっぱり断られるんだろうなぁ・・・。
Commented by panchan1121 at 2005-02-06 23:01
micho さん。
肖像権については、先のとおり、日本においては「基本的人権の尊重」だけなんです。なので、それよりは、アメリカのように営業的な意味合いが強くなっていると言う点が一人歩きしていることを理解した上で、注意すれば問題ないです。

yossy_mitty さん。
説明すると引いてしまうのは、日本人らしいですね。
人間は撮らないに限りますね、
<< Scene803 湯治。 Scene801 『漫画家占い... >>