人気ブログランキング |

伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(478)
(449)
(271)
(239)
(207)
(200)
(178)
(162)
(157)
(140)
(129)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(92)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
Scene991 最後の名設計は、渦中のあのビル。
丹下健三氏が死去 日本代表する世界的建築家
    [ 03月22日 17時09分 ] (Excite エキサイト : 社会ニュース|共同通信)
丹下健三さん死去 (asahi.com 2005年03月22日17時03分)
世界的な建築家で、東京五輪や大阪万博など戦後日本の国家的イベントの基幹施設を手がけた文化勲章受章者、丹下健三(たんげ・けんぞう)さんが、22日午前2時8分、心不全のため東京都港区の自宅で死去した。91歳だった。葬儀は25日正午から、文京区関口3の16の15の東京カテドラル聖マリア大聖堂で。喪主は妻孝子さん。連絡先は新宿区大京町24の丹下都市建築設計。

葬儀の場所が、自分が設計した教会でというのも本人の希望なのか、近所のよしみなのかとも思いました。
数多くの建築家を育てた、ある種カリスマでしたね。
コンクリート打ちっ放しという建築手法は、いまだと、安藤忠雄さんなどもその極端なところに行っていると思われますね。あのコンクリート剥き出しのつるっとした感じなどは、丹下さんとは違うけれども、でも剥き出しはそうなんですよね。

下にある作品を見ている限りでは、尖っているものが多いですね。
その中で、最後になったのかな?「フジテレビ本社ビル」は、鉄骨剥き出しで、球の展望台にアクセントがあるというもので、彼としては、尖ってない円い作品の一つなのかななどと、素人なりに考えてみました。

公共建築の手法が変わりつつあるこれからとすると、有名な設計者ではなく、ゼネコンや運営会社によるPFIなどで参加するこれからの時代は、集団で設計する、また、機能美を優先することになるのでしょうか。

などと時代の移り変わりを期待しましたが、故人の功績をたたえ、ただ、ご冥福をお祈りします。

trackback from
   パリの丹下健三 by 神戸阪神地域芸術文化情報




【経歴】
1913年、大阪府堺市生まれ。中学までを上海や愛媛県今治市で過ごす。東京帝大建築学科卒。同大学院在学中に「大東亜建設記念造営計画」など国家的大コンペに連続当選し、将来を嘱望された。戦後、東大助教授となり、被曝後の広島の復興計画コンペ(49年)で1等に選ばれ、「平和記念資料館」の設計で世界に知られるようになった。

 50年代には「旧東京都庁舎」「香川県庁舎」など、壮年期の代表作を国内各地で手がけた。続く高度経済成長期は、東京五輪の「国立屋内総合競技場」(64年)、大阪万博の「お祭り広場」(70年)など、経済発展を遂げた日本の威信をかけた国際的イベントの基幹施設を相次いで設計、名実ともに日本を代表する建築家となった。
【作風・業績】
 丹下さんの身上とするコンクリート打ち放しの巨大な作品は、モダニズム(近代主義)建築への批判が世界規模で広がった70年代以降、非難の矢面にも立たされた。そうした事情から80年代以降は海外での作品が相次いだが、91年に東京・新宿に移転した「東京都新都庁舎」で健在ぶりを示した。ただ、鈴木俊一・元都知事との関係が取りざたされ、社会的評価は揺らいだ。

 建築家活動の一方で、東大の教員として磯崎新、槇文彦、黒川紀章の各氏ら世界に評価される後進を育成。海外ではそうした総合的な業績への評価が高く、世界の建築界から巨匠として敬愛された。パリのイタリア広場再開発(グラン・エクラン)をはじめ、欧米、アジア、中東などを舞台にした多くの建築作品や都市計画が評価の高さを物語る。

 64年度朝日賞、80年文化勲章、87年プリツカー賞、93年世界文化賞など数多くの賞を受賞した。

主な作品
「大東亜建設記念造営計画」1等案(42年)
「広島平和記念資料館」(55年)
「香川県庁舎」(58年)
「国立屋内総合競技場」(64年)
「東京カテドラル聖マリア大聖堂」(64年)
「スコピエ都心部再建計画」(66年)
「日本万国博覧会マスタープラン」(70年)
「赤坂プリンスホテル新館」(82年)
「サウジアラビア国家宮殿」(82年)
「東京都新都庁舎」(91年)
「グラン・エクラン(パリ)」(91年)
「フジテレビ本社ビル」(96年)
by panchan1121 | 2005-03-22 18:35 | Records/News | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : https://panchan.exblog.jp/tb/1773340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 脱サラ整体師のわがまま日記 at 2005-03-23 08:38
タイトル : 建築家冥利に尽きる
<訃報>丹下健三さん91歳=建築家 御自分が設計された東京カテドラル聖マリア大聖堂で 送られるなんて、御本人も安心して旅立たれる ことでしょう。... more
Tracked from { marble Bea.. at 2005-03-24 15:41
タイトル : 建築界の神様さようなら
建築家の丹下健三さん死去 新都庁舎やフジ本社ビル設計 世界的な建築家で、東京五輪や大阪万博など戦後日本の国家的イベントの基幹施設を手がけた文化勲章受章者、丹下健三(たんげ・けんぞう)さんが、22日午前2時8分、心不全のため東京都港区の自宅で死去した。91歳だった。葬儀は25...... more
Commented by yossy_mitty at 2005-03-23 01:58
童謡『サッちゃん』の作詞者でもある、作家の阪田寛夫氏の訃報も聞き、気分の重たい夜です。

東京カテドラル聖マリア大聖堂で葬儀が執り行われることが、せめてもの救いのように感じます。

お二人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

寂しい春。
Commented by panchan1121 at 2005-03-23 12:12
yossy_mittyさん。
コメントありがとうございます。
建築家冥利に尽きるのでしょうかね。
Commented by colortail at 2005-03-23 14:45
広島平和記念資料館というと、広島の私としては聞き逃せないです。。
詳しくない無知な者ですが、、ご冥福をお祈りいたします。
Commented by panchan1121 at 2005-03-23 16:08
colortailさん。
そこで引っかかりましたか。
おそらく、日本中各都道府県市くらいに1軒は、彼の設計した建物があるという感じでしょうか?
Commented by カメラマン at 2005-04-13 04:08 x
有名な丹下さんが堺生まれとは、知らなかった。本当なら、生家跡に記念碑を建設すればよい。堺の誇りではないですか。市長さん頼みまっせ。
Commented by panchan1121 at 2005-04-13 18:10
明治建築研究会様。
そちらのWebも拝見しました。
具体的に寄付をとのことでしたら、コメントを削除します。
別の方法もあろうかと思いますが。

カメラマン様。
もしや。。。 かな?
<< Scene992 やっぱり”あ... Scene990 ハウルも全米... >>