伝説のKOBECCOです。  阪神淡路大震災からまもなく20年。未だ個人的には、復興できずです(泣)。 駅風呂生活まもなく11年。 現在、コメントは、承認制にさせていただいております。
by ぱんちゃん。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
(2144)
(1763)
(1459)
(1115)
(458)
(429)
(271)
(239)
(207)
(200)
(178)
(162)
(143)
(140)
(129)
(116)
(114)
(101)
(97)
(96)
(94)
(91)
(56)
(52)
(52)
(48)
(47)
(47)
(46)
(46)
以前の記事
My Portfolio  
★★★ Link page ★★★
excite
エキサイトブログ向上委員会
エキサイトブログからのお知らせ
excite ニュース
excite ブログニュース
日刊エキブロ新聞
誕生日トラバ
 by さらば自由と放埓の日々よ


☆Weblog
BlogPeople Link List
Bloglines

テクノラティ

☆Open Source
mozillaZine 日本語版
ウィキペディア日本語版

☆Mobile Music
iPod情報局(Digital ARENA)

☆Digital Library
高度映像情報センター(AVCC)
地域資料デジタル化研究会
図書館員のためのインターネット

山中湖情報創造館


☆misc on e-Learning etc...
公共ホームページ運動:good site (AVCC)


☆lifestyle
私のサッカー関連リンク集

私のF1関連リンク集

私の映画関連リンク集

有名人ブログリンク集
 (INTERNET Watch

☆ Information Technology ☆

戸根勤のネットワーク情報

☆☆☆ Kobe City ☆☆

おすすめ神戸リンク集。

☆☆☆ Gourmet ☆☆☆
danchu online

☆link,link,link ☆
CLOCKLINK.COM(JPN)
パンダ研究所


★★★ My Profile ★★★

こっち


★★★ exblog  link ★★★

100を越えちゃいましたので、別管理にしてます。
いろいろいじってますので、気にしないでくださいね。
Link List
 powered by BlogPeople

Subscribe with Bloglines


★★★★★ toys ★★★★★
RSS feed meter for http://panchan.exblog.jp


-- tribute blog --


テクノラティプロフィール

BLOG鑑定書BLOG鑑定書BLOG鑑定結果

あわせて読みたいブログパーツ


My Profile by iddy

ライフログ
最新のコメント
でるとろん さま コ..
by panchan1121 at 08:03
>アカデミーの外国作品賞..
by でるとろん at 23:27
いきゅうさま。 こちら..
by panchan1121 at 00:11
あけましておめでとうござ..
by ikkyuu_as_cousaku at 12:10
mori2 さま いや..
by panchan1121 at 17:16
お久しぶりです! おや..
by mori2fm at 01:46
☆ Zebra さん。 ..
by panchan1121 at 16:31
はじめまして panch..
by zebra at 21:52
☆みにうささん。 ご無..
by panchan1121 at 09:10
今年はこちらも異常なくら..
by miniusagi52 at 22:03
最新のトラックバック
エビフライよりラーメン(ぇ)「南極料理人」
ずっと観るチャンス(というかタイミング)にならず、ようやく観ました。

 

評判通り?のゆるーい映画でした。

【ストーリー】
 海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。

goo映画」より引用

参考サイト
    excite映画該当ページ
    映画生活該当ページ

trackback from
相変わらず、ネタバレ気にせず記事をあげちゃいます。なので、下まで、気になるかたは、ずーっと見ないでください。

時系列に関係なく、方々trackback することをご容赦ください。

「南極料理人」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

  
 



【解説】
 南極隊員で料理担当であった西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を映画化。日本から1000キロも離れた平均気温マイナス54度の土地で働く観測隊員の生活をユーモアたっぷりに描く。自分の意志に反して南極に単身赴任になった料理長・西村。しかし、テレビも外食もコンビニもない南極で、朝昼晩三食を観測隊員に作る西村は、いつしか隊員たちと家族のような心の繋がりを感じるようになっていく。ロケは北海道で行われ、セットで作られたドームふじ基地は、実際の設計者である北見工業大の教授たちにそっくりだとお墨付きをもらったとか。出演は、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補ほか。監督は本作が商業長編作品デビューとなる沖田修一。

goo映画タイトルトップ)」より引用。


【感想】(ここでは、ネタバレはぼかします)

 食を扱っているので、それこそ、古くは、「家族ゲーム」とか最近なら「おくりびと」のあのシーンや「かもめ食堂」とかがあるので、比較したくなりますが、共通しているのは、食を通して、人間の欲や業を言い表す点でしょうか。 それこそ、性欲よりキツいです。

この映画では、南極のそれこそなんにもない、ふじドーム基地に1年半赴任した隊員たちの生活と、そこで調理担当をした原作者をモチーフにしたわけで、正直、劇中、それはないやろ!という突っ込みしたくなるシーンもありながら、結構、なんというか、ゆるゆるなギャグの連続に、結果笑っておりました。

ちょっとジーンとさせるシーンも日本人ですから、入れてくれてます。

 役者さんでは、娘役の女の子が秀逸ですし、意外なのは、KDDIの電話オペレーターの女性でしょうね。 いいヲチです。

 肝心の食べ物ですが、フードコーディネーターさんの努力もあり、おいしいものがたくさん。贅沢なものもあり、おなかがすきましたが、自分は、やっぱりラーメンです(笑)。

あ、エンドロールも何気に見ものです。 これが、浅尾○香さんなら、いいんですけど・・・(汗)。
まじで、ビーチバレーしてます、出演者で。

【私の採点】(採点のあとは、思いっきりネタバレしますので(ぇ))

  ★★★★
   (満点10点 ★:2点。☆:1点)



 周囲が褒め称える中、どうしようか迷いましたが、8にします。
まあ、小ギャグが多く、ストーリーとしてどうだったかという話もありますが、物語全般を通して、伝わってくるペーソスというか、人間味あふれる部分には、まあ心は奪われません(!?)が、ほんわかと最後まで観させていただきました。

 このキャラクターの集合体でしょうね。
主演の堺雅人さんを始め、このところ貴重なキャラクターである、生瀬勝久さん、きたろうさん、そして、こんな役もできるんだの、豊原功補さん。越冬隊の8人が繰り出す、なんというか、人間味ある行動に生暖かく観ていたわけです。

 それから、主役の奥さんの西田尚美さんに、娘さんかな。
とてもいいですね。まあ、「亭主元気でルスが良い」という言葉もありましたが、いないからこそわかることもあるとは思いますし、正直、ずーっと居られると狭い家(!)では、まあ、嫌になることもありますよ。
 母は、なかったと言いますから、田舎は、広いから、喧嘩すると客間で立てこもる(それは、俺か(汗))こともできたわけで・・・。
 お父さんは、子供の抜け落ちた乳歯をお守り代わりにもってるのも、いいです。それが、あとで、トラブルになりますが・・・。


 で、物語的に、「じゃ、どうよ」はないのですが、あくまでも、ほんわかとした中で、人間、まあ、生きていくためには、我慢も意地を張る部分もあってしかるべきですね。

えっと、おもしろいのは、まずは、「伊勢エビで作る海老フライ」かな。
雪と氷の世界で、しかも高地ということで、お湯が沸騰しない環境で、苦労するんですね。西村料理担当さんは。 で、「伊勢エビが食材で入った」と情報が来たときの、「海老フライ」の合唱は笑えます。
また、それに応えて、ちゃんとフライを作るのですが・・・、いいです。
それから、ステーキについても、笑えますが、苦労してますね。
あとは、ラーメンについてでしょう。あれだけ、ラーメンの食材、部材で科学的にいわれるのもとおもいますが、ラーメンって、時々食べたくなるんですよね。

映画を観ていて、最初は、見終わってから、海老フライ食べたいの欲望でしたが、ここから、ああ、ラーメン、しかも醤油味のラーメンが食べたくなりました。
書いているときもラーメン食べたくなりますね。

というわけ、食については、ほんとに美味しそうです。
それだけでも見る価値ある?かな。

ロケは、北海道でやったみたいですが、SFXも含め、わりと臨場感ある画面作りには、なってますが、やっぱり、「それ、ないやろ!」というシーンはないわけじゃぁないです。

自分も、そんな共同生活じゃあ、キレてしまいそうですが、そこでもがんばれる雰囲気というのがいいですね。

 なので、ドラマ性、非日常性を求めるとしたら、ちょっとお勧めできないかも。


【製作メモ】 from All Cinema ONLINE
メディア  映画
上映時間  125分
製 作 国 2009年 日本(東京テアトル/ ほか)
公開情報  劇場公開(東京テアトル)
初公開年月 2009/08/08
ジャンル  ドラマ/コメディ
映  倫  -

《公開時コピー》
おいしいごはん、
できました。

氷点下54℃、
家族が待つ日本までの距離
14,000km
究極の単身赴任。


監   督 : 沖田修一
プロデューサー:西ヶ谷寿一
原   作 : 西村淳
        『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫刊)
脚   本 : 沖田修一
撮   影 : 芦澤明子
美   術 : 安宅紀史
音   楽 : 阿部義晴
主 題 歌 : ユニコーン
        『サラウンド』
VFXスーパーバイザー:
        小田一生
フードスタイリスト:
        飯島奈美
        榑谷孝子
照   明 : 豊見山明長
録   音 : 永口靖

出   演 : 堺雅人        西村淳(調理担当)
        生瀬勝久       本さん(雪氷学者)
        きたろう       タイチョー(気象学者)
        高良健吾       兄やん(雪氷サポート)
        豊原功補       ドクター(医療担当)
        西田尚美       西村の妻・みゆき
        古舘寛治       主任(車両担当)
        小浜正寛       平さん(大気学者)
        黒田大輔       盆(通信担当)
        小野花梨       西村の娘・友花
        小出早織       KDD清水さん
        宇梶剛士       スズキ
        嶋田久作       船長



画像は、あとで upします。
[PR]
by panchan1121 | 2009-11-01 21:20 | Movie | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://panchan.exblog.jp/tb/9186175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きょうばん。 シーズン・イン >>